ブログ

2019.06.09

便秘・健康に少量のオリーブオイルを

オリーブオイルが便秘症の改善に効果があるとよく耳にします。
オリーブオイルの主な脂肪酸はオメガ9系のオレイン酸(エゴマ、亜麻仁、青魚など関連するα-リノレン酸、EPA/DHAはオメガ3系です)で、腸蠕動を促進し腸内の潤滑油として便を滑り出し便秘の解消に期待できます朝もしくは朝・夕にスプーン1杯のオリーブオイルをトースト・サラダ・スープ・みそ汁・卵かけごはん・納豆…に使用することで便秘が解消できるかもしれません。ちなみに摂取しすぎると胸やけ、胃不快感などの症状や肥満につながりますので、1日摂取量はスプーン2杯を目安にしてください。

便秘で悩んでいる方は便秘薬に対して、クセになるかも、やめられなくなりそう、効果が徐々に弱くなり薬の量がどんどん増えるのでは、などを心配され、1週間以上も我慢している方もいらっしゃいます。便秘薬に頼らずにしていくためには、適度な運動・お腹を冷やさないことでの腸の動きを高めたり、ヨーグルト摂取や整腸剤の内服による腸内に善玉菌の割合を増やしたり、バランスよく食物繊維をとるなどが一般的ですが、それでも効果が今ひとつの場合は、オリーブオイルも選択肢の一つとして試していただく価値はあると思われます。

上記以外にもオリーブオイルには、糖尿病、脂質代謝異常、骨粗しょう症、認知症の予防・改善、がんの予防、美白・美肌の効果の報告がされてますので、便秘のない方にもオススメかもしれません。自分も少量試してみようかと….( ´∀`)

院長