胃カメラ(胃内視鏡)

胃カメラとは

内視鏡胃カメラは、食道、胃、十二指腸を観察し、必要に応じて組織診断もできる検査機器です。技術の進歩により挿入される内視鏡スコープの径も細くなり、昔とは違って“苦痛の少ない検査”となってます。
当院では、胃カメラでの精査が必要な方や胃カメラを希望する方が“恐れず” “苦しくなく” “楽に”検査を受けていただけるよう、鎮静剤を使用した経口内視鏡検査と、鼻からスコープを挿入する経鼻内視鏡検査をご用意し、選択いただけるようにしています。また、仕事などの都合などに配慮して、午後の胃カメラ検査も行っています。ご予約は基本的に診察をさせていただいた後に行なっておりますが、ご不明な点などございましたらお電話にてお問い合わせください。
また、検査前に同意書を作成していただいております。同意書は下記リンクよりダウンロードもできます。

2つの挿入方法

鎮静経口内視鏡検査

経口内視鏡検査内視鏡スコープを口から入れて食道、胃、十二指腸を観察します。「苦しい検査」と思われるかもしれませんが、近年の検査ではスコープが細くなって刺激が少なくなるとともに、鎮静剤を併用することでウトウトしている間に検査が終了するなど、患者様の負担や不快感を大きく減らす工夫をしております。内視鏡検査は早期に病変を発見するには大変有効な検査ですので、「苦しい、つらい」というイメージも大きく変わりつつありますので、躊躇せず検査を受けていただきたいと思います。

経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査口ではなく、鼻から極細の内視鏡スコープを入れて食道や胃を観察する胃カメラです。鼻から入れることで、舌の奥にある嘔吐反射を起こす部位に触れないために、えづきにくくなっています。モニターでみながら検査を受けたい、鎮静剤を使いたくない、検査後仕事の予定があるという方におすすめです。また、経鼻内視鏡検査であっても不安がある方には鎮静剤を使う検査を行うことが可能です。

こんな症状のある方は胃内視鏡検査を受けましょう

初期の胃がんは自覚症状がありません。ただ、胃がんは早期に発見すれば完治できる病気になってきました。がんやポリープ、潰瘍の早期発見、診断に胃内視鏡検査は欠かせません。観察だけでなく組織採取(生検)もできるため、早期のがんの診断に非常に有効です。
胃がんのリスクが高まる40歳を過ぎたら毎年内視鏡検査を受けることをおすすめします。特に以下のような症状、嗜好、環境がある方は胃がんの発症リスクが高いと考えられます。できるだけ早めに検査を受けるようにしましょう。

  • 胸焼け
  • ゲップが出やすい
  • 空腹時の胃もたれ
  • 胃が痛む
  • のどの違和感、食事がつかえる
  • ピロリ菌に感染している
  • 40歳以上で一度も胃内視鏡検査を受けたことがない
  • お酒をよく飲む
  • タバコを吸う
  • 辛い、しょっぱい食べ物が好き
  • 親族に胃がん患者がいる
  • 家族がピロリ菌に感染している

当院の特徴

当院の内視鏡検査は、患者様の負担を軽減するとともに、病変を見逃さない正確な画像診断ができることが大きな特徴です。

 経験豊富な日本消化器内視鏡学会専門医による検査

内視鏡当院の院長は日本消化器内視鏡学会専門医の認定を受けております。院長はこれまで大学病院等で内視鏡治療を中心に研鑽を積んでまいりました。これまでの経験や知識と最新の内視鏡システムを駆使し、患者様には負担の少ない内視鏡検査を提供いたします。初めて検査を受けられる方もお気軽にご相談ください。

苦痛を軽減した胃カメラ検査

内視鏡患者様に鎮静経口内視鏡検査か経鼻内視鏡検査かを選択していただくことができます。
鎮静経口内視鏡検査の場合には鎮静剤を併用して苦痛を和らげます。ウトウトしている間に検査が終了しますので、とても楽に検査を受けていただけます。
嘔吐反射を不安に思っている方には、鼻から極細のスコープを挿入する経鼻内視鏡を使用することで、これを軽減することができます。

ウトウトしている間に検査が終わります

休憩適量の鎮静剤を使用することで、検査時の苦痛を和らげることができます。ウトウトしている間に検査が終わりますので、苦痛から筋肉が緊張してさらに苦痛がひどくなる悪循環を回避できます。鎮静剤を使用した検査はすでに多くの医療機関で行われている安全な検査です。当院では、患者様の年齢、性別、健康状態、その他を考慮した上で適量の薬剤を使用すること、検査中には心肺機能モニターを装着していただくことで、より安全に検査を受けていただくことができます。

注:鎮静剤を使用した場合、事故防止のため検査後の自動車、バイク、自転車の運転はお控えください。また、検査後30分ほどリカバリーベッドで安静にお休みになっていただきます。

大型ハイビジョンモニター・拡大観察

モニター内視鏡のモニターもハイビジョン化が進んでいます。画像が鮮明になることで微妙な患部の変化も容易に認識できるようになり、より早期の病変発見が可能になります。
光の反射や映り込みなどによる見えにくさも解消されていています。モニターが見やすく鮮明な画像が得られるということには、診断の精度が上がって早期発見・治療に役立つというメリットと、検査時間を短縮して患者様の負担を軽減できるという大きなメリットがあります。

最新の新世代内視鏡システムを採用

胃内視鏡当院では、白色光用レーザーと短波長レーザーの2波長のレーザー光源を搭載した新世代内視鏡システム「LASEREO」を導入しています。白色光は粘膜の微細な色調変化を、短波長レーザーは表層の血管や構造を強調します。この2つのレーザー光画像を効果的に組み合わせる最新の画像処理技術によって、観察目的に応じてより的確な画像を得ることができます。

BLI画像

内視鏡

胃カメラでわかる病気

内視鏡検査(胃カメラ)といえば胃がんの検査というイメージがあるかもしれませんが、じつは数多くの病気やその兆候を見つけることができます。

逆流性食道炎

胃酸が逆流して食道を傷つけてしまう病気です。逆流が繰り返されると、食道にただれや潰瘍を生じ、胸焼けを感じたり、口内が酸っぱくなる不快な呑酸(どんさん)を感じたりします。

食道がん

初期にはあまり自覚症状がありませんが、進行すると食事がつかえたり、チクチクした刺激を感じたりします。さらに進行すると咳、血痰、声のかすれ、胸や背中の痛みなどの症状があらわれ、体重が減少します。
食道には血管やリンパ節が多数集まっているためがんが転移しやすく、内視鏡検査による早期発見がとても大切です。

胃潰瘍

自らの胃酸と消化酵素によって粘膜や筋層が傷つけられて出血するものです。ピロリ菌の感染やストレスなどが原因と考えられていますが、解熱鎮痛薬(NSAIDs=非ステロイド性抗炎症薬)が原因となることもわかってきました。
胃もたれ、吐き気、みぞおちあたりがしくしく痛むなどの症状がありますが、悪化した場合には胃に穴が空いて(穿孔)吐血することもあります。

 十二指腸潰瘍

患者様の大多数にピロリ菌感染が見られます。空腹時に上腹部が痛むのが特徴です。胃潰瘍と同様に自らの胃酸と消化酵素によって傷つけられますが、十二指腸は壁が薄いために穿孔が起きやすいといわれています。

急性胃粘膜病変(AGML)

胃や十二指腸に粘膜のびらん、潰瘍、出血などを伴う症状の総称です。突然、上腹部やみぞおちに激しい痛みや吐き気を覚え、嘔吐したり吐血したりします。ピロリ菌感染、過度の飲酒や刺激物の過剰摂取、精神的ストレスや身体的疲労、解熱鎮痛薬の影響などによって発症します。

アニサキス(寄生虫)

魚介に寄生する寄生虫アニサキスに感染するもので、激しい腹痛や吐き気を催します。急性胃粘膜病変の一つにも数えられます。内視鏡によって取り除くことができます。(http://www.aoki.clinic/blog/251/

ピロリ菌

胃の中に感染する細菌です。ピロリ菌に感染していると、胃がんをはじめ様々な疾患の要因になると考えられています。当院ではピロリ菌の除菌治療も行っております。

検査の流れ

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡は、経口とは違って舌に触れることなく食道を通過しますので、オェッとなる咽頭反射が出にくい利点があります。検査中は会話も可能ですので検査に対する緊張感や恐怖感も軽減されます。検査時間は5~15分程度です。

  1. 観察の邪魔となる胃の中の泡をなくすために、消泡剤を飲みます。
  2. 左右の鼻腔に局所血管収縮剤をスプレーします。局所血管収縮剤は一般的に鼻づまりに対し使われる薬で、鼻腔を広げてくれます。
  3. 通りのいい鼻腔を決めていただき、その鼻腔内に局所麻酔薬を少しずつ注入していきます。口の中まで落ち込んできた局所麻酔薬は飲んでいただきますが、これはのどの麻酔も兼ねます。
  4. 鼻腔の通りの確認と麻酔の追加のため、細く短いチューブを通します。
  5. ゆっくり鼻腔を通し、検査スタートです。

経口内視鏡

ほとんど寝ている間に検査が終了します。検査終了後は鎮静剤の効果を軽減させる薬を使用し、リカバリールームでしばらく休んでいただきます。帰宅可能となっても鎮静剤の効果が残りぼんやりとしてしまうことがありますので、当日の乗り物での来院やその後の運転は禁止です。検査時間は5~15分程度です。

  1. 鎮静剤を使用するため、点滴を入れます。
  2. 観察の邪魔となる胃の中の泡などをなくすために、消泡剤を飲みます。
  3. のどに局所麻酔薬をためて、しばらくしたら飲み干します。
  4. 鎮静剤を注射して、検査スタートです。

料金表

1割負担 3割負担
胃内視鏡 (観察のみ) ¥2,000前後 ¥6,000前後
胃内視鏡+ 病理組織検査 ¥3,000 -4,000前後 ¥9,000 -12,000前後